無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

もしも不貞行為が疑われるときは

◆慰謝料請求には証拠が必要◆

不貞行為が疑われるときは、探偵や興信所等に調査を依頼する事もあります。 特に、慰謝料を請求する時は、興信所等の作成した報告書や証拠書類は浮気や不倫を立証する重要な証拠となります。 ですが、弁護士報酬などは、ある程度の規定が公開されているため相場を知る事は容易ですが、探偵や興信所は相場が知り難く、また結果がわからないため、依頼するときは不安が多い事でしょう。

◆探偵や興信所の相場◆

例えば、張り込みや尾行などの行動調査を1週間依頼すると、およそ30060万程度の費用が必要になると言われています。これは、複数の調査員が長時間拘束されることと、撮影機材や車両等を手配しなければならないからです。 もちろん、張り込む時間等によって金額は変わってきますが、いずれにしても、それなりの金額が必要という事になります。

◆調査期間はどれくらい必要?◆

これは状況により変わってきますが、浮気相手と月に1回程度しか接触せず、しかもそのタイミングが分かり難い場合は、調査期間が長引くため、費用も高額になります。 また、以外と依頼者自身がうっかり配偶者に探偵に調査を依頼していることをもらしてしまう、またはほのめかしてしまうケースもあります。 相手方の警戒心が強いと、自ずと調査は難航します。

慰謝料請求をするための証拠を集めるのも、たくさんの費用がかかりますので、調査を依頼する際は慎重に検討する必要があります。

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。