無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

不貞行為と別居の関係

◆別居中の浮気は、扱いが違う点に注意◆

別居中という、およそ夫婦関係が破綻しているに近い状態において、その後に配偶者が異性と性的関係を持った場合は、この性的関係と、夫婦関係の破綻には因果関係は認められないので、「不貞行為」を理由に離婚請求はできないケースもありますので注意が必要です。
さらに、「不貞行為」つまり浮気を離婚原因として、配偶者に慰謝料を請求するのであれば、すでに夫婦関係が破綻状態にあるとみなされないようにしなければなりません。ですので、別居期間中はあまり「離婚」という言葉を口にしない事が得策と言えるでしょう。

◆勝手に離婚届けを受理させないために◆

別居中、勝手に配偶者が離婚届を出してしまいそうな場合は、予め本籍地、又は住所地の市区町村役場に「離婚届の不受理申出」を提出しておく事をお勧めします。

◆離婚請求が認められないケース◆

別居の原因が自分にある場合、これを有責配偶者といい、あなたからの離婚請求は原則は認められません。また夫婦間に未成年の子供がいたり、離婚後に相手方が経済的に厳しい状況に置かれる可能性がある場合などにも、離婚請求は認められていません。

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。