検索キーワード
現在地
日本法規情報 立ち退き・地上げ相談サポート > 
即決和解について

即決和解について

●即決和解とは

賃貸借契約を解除したにもかかわらず一向に退去する様子が無いなど、借主が建物の明け渡し請求に応じない場合、通常は裁判(建物明渡請求訴訟)を提起し、判決を取得したうえで建物明け渡しの強制執行をしなければなりませんが、この裁判には6ヶ月~1年ほどの期間を要します。
即決和解とは、当事者同士で和解や合意の見通しがついた場合に、その和解書を裁判所に作成してもらう手続きのことで、相手が和解で決められた退去期限を守らなかった場合に、裁判を経ずに強制執行ができるため、期間の短縮、また費用の削減といった面からも非常に有効な手段と言えるでしょう。

●即決和解手続きの流れ

和解をする相手方の所在地の管轄の簡易裁判所に申し立てをし、裁判所は期日を指定して当事者を呼び出して、双方が出頭したところで和解調書を作成します。
この和解調書は債務名義となります。
債務名義とは 債権があることを法的に証明するもので、強制執行を申立てる際に、強制執行が可能であることの根拠を示したものです。
※即決和解はあくまで「和解」であり、相手方と交渉し、即決和解の内容について合意することが前提となるので、相手方が協力してくれない場合や行方不明である場合などには手続き出来ません。

立ち退き・地上げ相談サポートとは

立ち退き・地上げについての相談に関する解決や手続きは立ち退き・地上げ相談サポートがサポートします。立ち退き・地上げの対応可能な相談窓口を検索できます。「立ち退き・地上げの相談窓口検索」

  1. 1.立ち退き・地上げの相談窓口を比べて探せて見つかります。
  2. 2.立ち退き・地上げの相談窓口を24時間・年中無休で検索可能
  3. 3.本サービスは何度でも無料で利用できます