長谷川裕一税理士事務所

相続発生前から発生後の申告まで、税理士の視点でアドバイス。

  • 税理士
  • 土日祝日相談可
  • 平日19時以降の時間帯相談可
  • 駅近(徒歩5分以内)
  • 無料相談OK
  • 無料見積り可能

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8F819

この事務所の電話番号050-3138-5427

電話する

相談サポートを見たとお伝えいただくとスムーズです。

長谷川裕一税理士事務所の概要

相続発生前から発生後の申告まで、税理士の視点でアドバイス。

税全贈与や遺産分割、遺贈、相続税の節税など、お客様に合った相続・遺産対策をご提案させていただきます。

長谷川裕一税理士事務所の説明

一般経理業務を中心に、経営管理業務やコンサルティング、事業計画・資金計画立案を得意としています。また外資系会社での勤務経験から英語対応も可能で、外資系企業の経理財務コンサルティングも行っております。

https://yhcptax.net/ 

https://www.sosapo.org/lp2/hasegawa-tax/

所属・著書・資格等
日本税理士連合会

長谷川裕一税理士事務所の方針と特徴

相続と遺産問題は切っても切れないものです。相続対策は遺産分割対策でもあります、
相続発生後、相続人がただ相続したい財産を受け継ぐだけでは、
あまり良い遺産分割とは言えません。
当事務所では税理士の視点からどう分けたら相続税の負担が大きくならないか、
納税や二次相続までを考慮した分割案をご提案しております。

また受け継ぐ財産には不動産を含んでいることも多いかと思います。
このような場合には相続税のことも踏まえ、土地の評価額を下げる工夫も必要になります。

ただ相続は発生後より、発生前からの生前対策が相続を争族にしないための
一つの”カギ”になります。
遺言書の作成と生前贈与がそれです。
誰に何を分けるかを明確に残してしておけば、争族回避に有効ですし、
生前贈与は節税効果も期待できます。

令和元年7月に相続法が改正され、
亡くなった夫が妻に自宅を贈与する場合は「遺贈」と解釈され、
分割対象の遺産から外れることになりました。
相続のことが気になりだら、お早めに当事務所にご相談ください。

長谷川裕一税理士事務所の料金例

メール相談料:内容により有料

電話相談料:内容により有料

面談相談料:内容により有料

長谷川裕一税理士事務所の実績とお客様の声

東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏はもちろん、Zoomによる全国対応を行っております。
またお客様の中には外国人・外資系企業もあり、
英文による財務諸表などの作成依頼にもお応えしております。

お客様からは、
「相続税や準確定申告について、わかりやすく説明していただき、参考になりました」
といったお声をいただいております。

長谷川裕一税理士事務所に所属する専門家

長谷川裕一税理士事務所

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8F819

050-3138-5427

電話する

相談サポートを見たとお伝えいただくとスムーズです。

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、相続・遺産問題相談サポートに掲載している弁護士等の相談窓口に一括で連絡することができます。

電話で無料案内

自動音声案内にてご相談内容をお伺いいたします。相続・遺産問題相談サポートに掲載されているお近くの弁護士等の相談窓口をご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。

掲載のお申し込み

メールで掲載申込

本サイトは、法律や財務、税務、労務関連の専門家の電話帳サービスです。掲載事務所の登録受付中です。事務所を開設された場合は、必ずお問い合わせください。

電話で掲載申込

24時間365日・受付可能

03-6384-2176 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。
  • 法テラス