相談サポート

このサイトについて

悪徳商法問題解決相談サポートとは

相続・遺産問題に関連する案件を、弁護士等に相談できる無料・電話相談が可能な相談窓口の検索サービス「相続・遺産問題相談サポート」。

特徴

  1. 相続・遺産問題の相談窓口を比較して探せます。
  2. 相続・遺産問題の相談窓口を24時間・年中無休で検索可能。
  3. 本サービスは何度でも無料で利用できます。
法テラス

相続税対策・ 生前贈与特集

相続税対策、相続税申告は早目の対策が重要です!

いつ訪れるかわからない最後の時、その時に遺されたご家族に少しでも多くの財産を残したいとお考えの方も多いかと思います。
平成25年度税制改正が発表され、相続税の課税対象が これまでの2~3倍に増加されるとの見込みもあります。
「今まで相続税なんて全く考えていなかった」と不安に思われている方もご安心下さい。
まずは相続税が発生するか、発生するとしたらいくらなのかお気軽にお問合せ下さい。
あなたのご家族も課税対象者になる可能性が大いにあります。

◆そもそも相続税とは

亡くなられた方(被相続人)の財産などを受け取った方(相続人)に支払い義務が発生する税金です。
財産として対象となるものは、預貯金をはじめ、土地や建物、保険金や美術品などのコレクション(財産価値を有するもの)などです。

◆相続税に対する節税対策例

・生前贈与を行う
生前贈与されたものは、相続が発生する3年前のものであれば課税の対象にはなりません。
ただ、様々な条件がありますので、計画的に行う必要があります。

・保有している不動産の有効活用
お持ちの土地や建物はその時の状態によって相続税に大きく影響してきます。
相続が発生した際の土地、建物の評価額が課税の対象となります。
土地が更地の場合、土地に建物を建てることにより、土地の評価額が下がり相続税を抑えることができます。
また、建築した建物も固定資産税としての評価額が相続税の評価額となる為、
実際に掛かった建築費用の60%まで評価額が下がりこちらも相続税を抑える手段となります。
ですが、事前に資産の特定や評価額の算出など手間になることが沢山あります。


相続税に関する対策を行う上で、“早めに対策を講じること”が最も重要と言えます。
今後、相続問題に直面する方が多くなることが予想されます。
本サイトでは、相続税に関し、知識、経験を積み重ねた専門家を集め掲載致しました。
まずはご相談することからご検討してみてはいかがでしょうか。

相続税対策・ 生前贈与特集で
相談サポートがピックアップする専門家

相続・遺産問題相談サポートのPickup相談窓口/相続税対策・ 生前贈与特集

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、相続・遺産問題相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【特集ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

相続・遺産問題相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から相続税対策・ 生前贈与特集関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。

※当サイトのご利用にあたって

当サイトはアスクプロ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 1.当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 2.当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 3.当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 4.当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 5.当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。