無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

相続人調査の重要性

相続手続きの中でもっとも基本的かつ重要な調査のひとつである相続人調査。相続手続きでは必ず行われるものです。
調査を行ってみると、意外なところに他にも相続人がいたりします。しっかり調査しておきましょう。

なぜ、相続人調査が重要なのでしょうか?

相続が発生すると、亡くなった方の財産は相続人に自動的に相続されます。この財産は遺産分け(遺産分割協議)が終わるまでは相続人全員のものなのです。
 
 相続人全員のものということは、遺産分け(遺産分割協議)をする際には、相続人全員の合意で行わないと、それは法的には無効な遺産分け(遺産分割協議)となってしまいます。
他に相続人はだれもいないと信じ込んでいる場合もさることながら、他に相続人がいると知っていて(愛人の子、付き合いのない兄弟など)それらの相続人を無視して遺産分け(遺産分割行儀)をしてしまおうとされる方がいますが、これは法的に無効です。十分に気を付けましょう!

 当士業会では、正確な相続人を把握するためのサービスも行っています。
 満足いく相続手続きは、正確な相続人を調査することからはじまります。 

相続人調査ってどうやるの?


相続人を確定するための手続きである相続人調査は、亡くなった方が生まれた時から亡くなるまでの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本を取得することから始まります。これに、亡くなった方の子などの戸籍も集めて行ったりします。

 要するに、法律上相続人であるのは誰なのかを探していく作業です。

 戸籍・除籍謄本は、本籍地や以前の本籍地の市区町村の戸籍の担当の窓口に直接請求するか郵送で請求することで取得できます。

 鹿児島の人が、北海道の戸籍を、鹿児島の役所で取ることはできません。あくまでも本籍地の役所でないと取れないことになっています。


相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。