無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

親権を獲得するための条件

離婚の際にお子様の親権を勝ち取りたいと考えた場合、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。

1:別居する際は、できる限り子供と同居する

離婚をする前に別居をする場合でも、親権を獲得することを考えるならばできる限り子供とともに別居をしましょう。正当な理由があれば、子供とも別居状態になっても不利になることは少ないのですが、親権を獲得するためのひとつの要素として「子供との同居状態」はできる限り維持させておくことが必要です。つまり、離婚前に子供と離れてはならないのです。

2:離婚後もできる限り子供の生活環境が変わらない

離婚裁判において、裁判所に親権の判断をゆだねることになった場合、考慮されるポイントは子供の今後の生活環境です。特に、現在の生活環境と大きな変化が予想される側には親権が認められにくい傾向にあります。離婚によって子供にかかるストレスを最小限に抑えるため、できる限り生活環境が今と変わらず維持できる親に親権が認められる傾向にあります。そのため、当然経済力なども問われることになり、離婚後子供を不自由なく養育していける環境を整えられるだけの裏づけができる資力が必要になってきます。

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。