無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

養育費の滞納を回避するための方法

養育費は、特別な場合を除いて毎月支払う継続的なものです。
そのため、子供が成人するまで滞りなく支払ってもらうことは、そんなに簡単なことではありません。
離婚相手もその後の人生がありますから、収入が増える場合もあれば減る場合もあり、さらには再婚する場合ももちろん有り得ます。
ですので、できる限り子供を引き取った親に過度な養育費負担が掛からないよう、確実に養育費を分担して支払ってもらうためには、多少のテクニックが必要になります。

心理的テクニック1:定期的な面会をさせる。

家庭裁判所調査官の研究において、養育費払っている親と子供が定期的に面会することで、養育費の滞納を防止できるという結果が出ています。
日々成長する我が子を目の当たりにすることが、一番の滞納への抑止力となるようです。離婚する際に子供への面会を制限するケースもあるようですが、養育費の滞納防止の観点からは積極的に面会させる方が良いでしょう。

法的テクニック2:強制執行認諾約款付公正証書

養育費に関する取り決めを離婚協議書で作成することはよくありますが、それをさらに強化させるために「強制執行認諾約款付公正証書」で作成します。具体的には弁護士や行政書士に依頼することになりますが、そうすることで、万が一相手が養育費を滞納した場合にも、裁判を起こすことなく、強制執行をかけることができるようになります。そのため、相手への無言のプレッシャーとなり、滞納の抑制につながります。

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。