無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

財産分与について

財産分与とは、婚姻中に形成した夫婦共同財産を清算して分けることです。
夫婦は結婚生活を共にしている間に一定の財産を形成します。
そしてそれは多くの場合、夫名義の財産とされますが、その実質が妻の協力によって築いたものについては、潜在的な夫婦共有財産として考えることができ、貢献した割合によって清算されるのが普通です。


なお、現実の財産分与の支払いは、慰謝料と合算する場合が多いのですが、財産分与は慰謝料とは別ですから、たとえ慰謝料を払う側であっても、請求する権利があります。
もし、浮気などが原因で慰謝料を払わなくてはならなくても、財産分与によって相殺される場合もあります。


ただし、妻の方が別々に考えていても、夫が財産分与と慰謝料を合算で考えていて、もめることもよくあるケースですので、必ず公正証書や調停証書に、慰謝料とは別々の金額であるのかどうかをきちんと明記しておく必要があります。


特に熟年離婚のように結婚生活が長いほど、家や貯金などの共有財産も増えており、財産分与の面で特にもめる可能性があります。
そのため、相手に財産を取られないよう離婚調停中に財産を処分してしまう人もいますが、処分禁止の仮処分を離婚調停前に行っておけば、所有している土地や建物の売却を未然に防ぐことができます。

このように、熟年離婚を考えたら財産分与で不利にならないように弁護士に相談することをおすすめします。
申請手続き自体は自分で行う事も可能ですが、必要な手続きや書類を揃えることはとても大変な作業です。


相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。