無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

熟年離婚と介護

熟年離婚の大きな原因の一つとして挙げられるのが、親の介護に関するものです。
高齢化社会が進む現代の日本は、介護離婚という言葉が生まれるほど、現代の深刻な離婚問題の一つとして考えられています。


嫁姑間の関係が良くなかった家庭であれば、介護をしたくないという理由から別居をして熟年離婚に至るというケースも実際にあります。
それ以外でも、介護する自分に対しての夫の態度で離婚を考えるというケースもあります。
介護も含め、家のことは「妻の役目」という考え方は熟年世代には特に多いため、妻だけが介護で毎日大変な思いをしていても、夫は何も手を貸してくれない、感謝もしないことに不信感が募り、離婚を決意するということも十分に考えられます。


介護について夫婦でじっくり話し合う機会持ち、日々のコミュニケーションも大事にすれば、熟年離婚という結果を避けられるかもしれません。
また、在宅介護だけではなく、介護ヘルパーに依頼したり、介護施設への入所を検討することもひとつの方法です。


介護疲れによる妻のストレスから夫婦仲を悪化させる原因ともなりえますので、介護が原因で熟年離婚にならないよう、夫婦で話し合いながら、協力して妻任せにしないことが大切なのです。


相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。