このサイトについて

法律相談窓口案内 熟年離婚・離婚調停とは

熟年離婚に関連する案件を、弁護士等に相談できる無料・電話相談が可能な相談窓口の検索サービス「高齢者離婚相談サポート」。

特徴

  1. 1.熟年離婚の相談窓口を比較して探せます。
  2. 2.熟年離婚の相談窓口を24時間・年中無休で検索可能。
  3. 3.本サービスは何度でも無料で利用できます。

熟年離婚の知識

法テラス

熟年離婚と裁判

熟年離婚に至るまでにすべての夫婦が円満に離婚に至っているわけではありません。
中には調停離婚になったり、話合いがまとまらないと裁判になったり離婚に至るまでに多くの時間や労力のかかる夫婦もあります。
離婚の話し合いがもつれる最大の理由としては、慰謝料、財産分与、養育費などの金銭的な問題があります。
熟年離婚となると、長年続いている夫婦ですから、夫婦で築いた財産が多くあるケースも多く、話し合いがまとまらず裁判になることもあるようです。


■離婚の種類


・協議離婚
協議上の離婚をする場合には、離婚についてお互い同意をしていれば、理由は必要ありません。
夫婦間で離婚の話合いがまとまれば、離婚届を役所に提出することで離婚が成立します。もっとも時間や費用が節約できる簡単な離婚方法です。
離婚の90%が協議離婚で成立していると言われていますが、熟年離婚となると長年夫婦であったことから夫婦間では解決できない問題も多く、協議離婚では合意に至らず、裁判所に持ち込まれるケースも多いのが現状です。


・調停離婚
調停離婚は家事裁判官1名と男女各1名の3人による調停委員で構成され、裁判官や調停委員を交えて話し合いの場がもたれます。
離婚するかどうかは最終的に夫婦が結論を出しますので、裁判所から離婚するような判決が下りることはありません。
この調停離婚で合意しなかった場合は審判離婚となります。


・審判離婚
家庭裁判所が離婚調停を行ったのにもかかわらず、離婚が成立しなかった場合に、当事者双方の事情を考慮した上で家庭裁判所が離婚を適当であると認め、審判を下すことです。
審判離婚となると、家庭裁判所によって当事者夫婦の証拠調べを行い、夫婦双方の事情を考慮して離婚が相当となれば、裁判官が審判を下します。
財産分与や慰謝料などもこの時に支払いを命じることができます。
ただし、実際に審判離婚になるケースはごくわずかです。
審判離婚の決定に対し異議申立てをする場合、その理由の記載は不要なのが、最大の理由と考えられます。


・離婚裁判
協議離婚の話し合いでもまとまらず、家庭裁判所の調停・審判でも離婚成立しなかった場合、家庭裁判所に離婚の訴えを起こして離婚を認める判決を得なければなりません。
調停をせずに離婚の訴訟を起こすことはできません。
また、離婚の請求と同時に慰謝料などの金銭問題や未成年の子供がいる場合は、親権者の指定、養育費の請求も同時に行うことになります。
尚、協議離婚と調停離婚では法定離婚原因は必要ありませんでしたが、離婚訴訟を起こすには、相手に不貞行為があった時や一方的に別居したり、生活費を渡さず扶養義務を怠ったなど民法が定めている「法定離婚原因」が必要となります。


相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

相談窓口を一緒に
お探しいたします

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能
24時間365日・受付可能
050-5578-9800
平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。

相談窓口検索

キーワードで検索

オススメキーワード

専門家で検索

サービスで検索

地域で検索

専門家所在地で検索

所在地で検索

対応エリアで検索

掲載のお申し込み

メールで掲載申込

本サイトは、法律や財務、税務、労務関連の専門家の電話帳サービスです。掲載事務所の登録受付中です。事務所を開設された場合は、必ずお問い合わせください。

掲載申込

電話で掲載申込

24時間365日・受付可能
24時間365日・受付可能
03-5339-6350
平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。
BACK TO TOP