無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

熟年離婚の原因と背景

性格が合わず長年我慢していた妻が、老後生活は共にしたくないという理由で、夫の退職と同時に別居を始めて熟年離婚をする場合もありますが、近年の熟年離婚の大きなの理由の一つは、年金需給分割制度の登場により、結婚相手に振り回されるような生活をやめて、残りの人生は自分の自由に作っていきたいという思いを後押ししていることが理由としても挙げられます。


結婚してから20年を超える夫婦においては、妻の方から離婚話を持ち出されるケースが、圧倒的な割合を占めています。
つまり、夫には不満はないが、妻には長年夫婦生活に不満を持っていたというとらえ方ができるでしょう。
それは、一昔前まで日本には妻は夫に従うものであるという風潮の時代が続いていました。言い換えれば妻である女性は我慢を強いられてきたという風に考えることも出来るわけです。


今では、女性もひとりでも働いて自立できるという社会環境が整いつつある現代において、子供も独立して、夫が定年を迎えたことを機に、再び自立して生きていきたいと願う女性が増えているようです。
こうした女性の価値観の変化も大きく影響していると言えるでしょう。


妻にとっては、年金需給分割制度が離婚後の生活を支える収入の支えになり、この制度の施行により、特に専業主婦の妻は離婚しやすくなったとも考えられます。


相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。