このサイトについて

離婚・調停相談サポートとは

離婚・調停に関連する案件を、弁護士等に相談できる無料・電話相談が可能な相談窓口の検索サービス「離婚・調停相談サポート」。

特徴

  1. 1.離婚・調停の相談窓口を比較して探せます。
  2. 2.離婚・調停の相談窓口を24時間・年中無休で検索可能。
  3. 3.本サービスは何度でも無料で利用できます。
法テラス

離婚届の書き方


離婚協議書の作成が順調に進んでも、当然それだけでは離婚成立とはなりせん。離婚届をしっかり作成し届出をする必要があります。

離婚届の書き方のポイント


■氏名・生年月日

戸籍に記載されてる氏名(離婚前の氏名)を正しく記入して下さい。
生年月日の欄は西暦や、S○○年と記入してはいけません。必ず漢字で「昭和」「平成」と記入します。

■住所

住民登録をしている住所を記入します。 別居などしていても住民登録を変更していなければ夫婦は同じ場所を記入することになります。

■本籍

戸籍謄本に記されている住所を記入します。

■父母の氏名

戸自分達の父母の氏名を記入します。(例えお亡くなりになられてても記入します。)

■離婚の種類

それぞれの離婚の種類に印をつけます。調停・審判・裁判のチェックマーク欄の横に ○○年○○月○○日成立という部分がありますが、ここには離婚が確定した日付を記入します。

■婚姻前の氏に戻る者の本籍

夫婦のうち、婚姻前の氏に戻るものに印をつけます。離婚後も結婚時の名前を使いたい場合は、 「離婚の際に称していた氏を称する届」を3ヶ月以内に役所に届けます。

■未成年の子の氏名

夫が親権を持つ子、妻が親権を持つ子、それぞれの氏名を書きます。 (離婚後、母親の旧姓を名乗る場合でも、現在の氏を書きます。)

■署名・捺印

必ず自分で署名します。(印鑑は実印でなくても良いですが、シャチハタは不可)

■証人

証人は離婚の事実を知っている成年者ならどなたでも構いません。 兄弟、友人夫妻などに頼む場合は別々の印鑑を押してもらいましょう。

■その他の注意事項

・届出のとき夫婦の印鑑を必ずご持参ください。
・届書は略字で書かずに、戸籍に記載されている通りの字で記入します。
・夫婦の間に未成年の子がいる場合は、親権者を一方に決め必要があります。



離婚の専門家探しはこちら

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

相談窓口を一緒に
お探しいたします

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能
24時間365日・受付可能
050-5578-9800
平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。

相談窓口検索

キーワードで検索

オススメキーワード

専門家で検索

サービスで検索

地域で検索

専門家所在地で検索

所在地で検索

対応エリアで検索

掲載のお申し込み

メールで掲載申込

本サイトは、法律や財務、税務、労務関連の専門家の電話帳サービスです。掲載事務所の登録受付中です。事務所を開設された場合は、必ずお問い合わせください。

掲載申込

電話で掲載申込

24時間365日・受付可能
24時間365日・受付可能
03-5339-6350
平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。
BACK TO TOP