無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

法定離婚原因

どのような場合に法的に離婚が認められているか?


■どちらかが離婚に反対した場合、離婚原因が認められない限り離婚は成立しません

協議離婚により夫婦間での話し合いにより離婚が成立した場合には、離婚の原因に制限はありません。 しかし、夫婦のどちらか一方が離婚に反対して離婚の合意が得られない場合は離婚は成立しません。 裁判により離婚を行う場合は、法律の定める離婚原因にあたることが必要になります。 裁判で離婚が認められるためには、相手に離婚されても仕方がないというような法律の定める理由 (法定離婚原因)にあたることが必要です。 民法が、離婚原因として認めるのは以下の5つです。【民法第770条1項】


民法の定めている5つの法定離婚原因


■以下の5つは民法において離婚の原因として認められています

配偶者に不貞な行為があったとき。
配偶者から悪意で遺棄されたとき。
配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がないとき。
その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。


相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。