無料メール相談このボタンをクリック!

24時間365日【ご案内無料】でお電話でも受付可能です!

050-5578-9800
自動音声案内サービスでお客様をご案内します

任意売却を検討しなければいけないケース

任意売却を検討せざるを得ない時というのはどんな時でしょうか。
以下のケースのいずれかに当てはまる場合、できるだけ早く任意売却を検討するべきでしょう。

・住宅ローンの返済ができず、催告書などが届いている

催告書や督促状などが郵送されてきているときには、すぐに対策を考えて下さい。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や銀行など、債権者からの書類をそのまま放置していれば、やがて競売によって家を失うことが避けられません。

・不動産を所有する自営業者の方で、住宅ローン以外の借入金があり、その返済ができずに悩んでいる

事業の運転資金として借り入れた融資金と住宅ローンの返済に追いまわされて苦しんでいるような場合も、
任意売却の活用による再建を考えてみたほうが良いでしょう。

・所有する不動産に対し、債権者から競売を申し立てられている

競売を申し立てられているのであれば、時間的な余裕はまったくないと言えます。
少しでも早く任意売却へ切り替えられるように準備を整えるべきです。

・借入金が多く、破産申し立てを考えている、破産申し立てをしている、免責が決定している

遅かれ早かれ自宅を手放さなくてはなりません。
悩んでいる時間があるのなら一刻も早く、自分にとって少しでも有利になる任意売却を決断したほうが良い結果に繋がるでしょう。

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能

050-5578-9800 平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。