このサイトについて

過払金返還相談サポートとは

過払金返還に関連する案件を、弁護士、司法書士等に相談できる無料・電話相談が可能な相談窓口の検索サービス「過払金返還相談サポート」。

特徴

  1. 1.過払金返還の相談窓口を比較して探せます。
  2. 2.過払金返還の相談窓口を24時間・年中無休で検索可能。
  3. 3.本サービスは何度でも無料で利用できます。

過払金返還の知識

過払金返還について

円滑な過払金返還について

過払金返還に関する知識とQA

過払金返還を上手に行うために

法テラス

訴訟外での和解交渉

訴訟外での和解交渉に基づいて過払い請求をすることができるか?


貸金業者にもよりますが、裁判外で過払い金の返還に応じてくれる貸金業者もあります。
ですから、過払い金の返還を求めるのには、必ず訴訟をしないと回収できないというわけではありません。
ただし、和解交渉の場合には、過払い金の総額の6割から9割程度の減額した金額で和解を求められるケースが多いのが実情です。
どの程度の減額であれば妥協して和解に応じるかは、債務者個々の判断によることとなります。
もし、過払い金の回収について絶対に減額したくない場合や貸金業者が過払い金の返還に応じてくれない場合にはやはり訴訟を提起するのがよいかと思います。

それでは、貸金業者からの減額の申出は受けるべきでしょうか。
貸金業者に対して訴訟外で過払い金の返還請求をするとほとんどの業者が減額を要求してきます。
この減額に応じるかどうかは債務者の判断によりますが、仮に訴訟となれば圧倒的に貸金業者側が不利です。
よって安易に減額要求に応じる必要はありません。
けれども例外もあります。
つまり多少の減額要求に応じてでも訴訟外で和解をした方がいい場合としては、例えば過払い金を他の債権者への返済に充てるなどの事情がある場合です。
特に過払い金の回収を急いで必要としないのであれば、強気の姿勢で臨んで差支えないでしょう。

次に一度、和解をした後に過払い金返還請求をすることはできるのでしょうか。
例えば、一度、貸金業者が定める約定利率(利息制限法の上限利率を越えた利率)を元に計算した残額を分割返済するといった和解契約を貸金業者と締結していた場合です。
このように利息制限法で引直計算をした結果、過払い金が発生していることが判明した場合は過払い金の返還請求をすることができます。
なぜなら、利息制限法を超過する利息の約定は無効となり、利息制限法は公序良俗を具体化した強行法規です。
そしてこれに反する合意はいつでも誰からでも無効を主張できるとされているからです。

相談窓口案内サポート

メールで無料案内

メールでご連絡頂きますと、悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口の中で【読み物ページ】関連に知見がある相談窓口に一括でご連絡することができます。

相談窓口を一緒に
お探しいたします

電話で無料案内

悪徳商法被害相談サポートに掲載されている弁護士等の相談窓口から【読み物ページ】関連に知見のある電話相談も可能な相談窓口を自動音声案内にてご案内いたします。

24時間365日・受付可能
24時間365日・受付可能
050-5578-9800
平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。

相談窓口検索

キーワードで検索

オススメキーワード

専門家で検索

サービスで検索

地域で検索

専門家所在地で検索

所在地で検索

対応エリアで検索

掲載のお申し込み

メールで掲載申込

本サイトは、法律や財務、税務、労務関連の専門家の電話帳サービスです。掲載事務所の登録受付中です。事務所を開設された場合は、必ずお問い合わせください。

掲載申込

電話で掲載申込

24時間365日・受付可能
24時間365日・受付可能
03-5339-6350
平日20時〜翌10時、土日祝日は受付のみ対応となります。

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。
BACK TO TOP